"ここはバルーン簡易空撮(マルチブログ本館)の一部で写真情報のブログ(別館)になっています。

ソフトの最近のブログ記事

PTGuiがVer.8.38に

パノラマ合成作成ソフトのPTGuiが5月17日に8.38にバージョンアップをしていました。

 

当社のパノラマのページ

PTGuiのホームページ

PTGuiがVer.8.37に

パノラマ合成作成ソフトのPTGuiが3月10日に8.37にバージョンアップをしていました。バグの修正が主だと思います。

当社のパノラマのページ

PTGuiのホームページ

アドビ(Adobe)フォトショップ(Photoshop)がバージョンアップしました。
 
当社の場合は1つおきにバージョンアップしているので、今回は見送りです。ちょっとづつバージョンアップして稼ぐのはそろそろやめにしてほしいものです。
 
どちらも一部の機能しか使用しないし、NikonのCapture NXを使用しているのでダブル機能もたくさんあります。
 
 
Photoshop CS4 (V11.0) 日本語版 アップグレード版 Windows版
アドビシステムズ (2008-12-19)
売り上げランキング: 37

PTGuiがVer.8.02に

パノラマ合成作成ソフトのPTGuiが9月10日に8.02にバージョンアップをしていました。9月2日に8.0にバージョンアップしていたののバグの修正のようです。

残念ながら8.0になっても当社のパソコンでは速度が速くなったのはあまり実感できません。アップグレード料金だけは掛かりましたけど。

当社のパノラマのページ

PTGuiのホームページ

先日、面白いソフトを見つけました。宇宙の高解像度の画像が見られるソフトです。まだ、ベータ版で日本語版も無いようですがGoogle earthの星空が見られるskyよりも良い感じです。

高校のとき地学部でよる学校に集まり天体観測をしていた時代が嘘のようです。蚊に刺されなくても、雨が降っていても、良い望遠鏡が無くても、居ながらにしてこんな画像が見れる時代になったんですね。残念ながら、実際に望遠鏡で土星の輪を初めて見た時のような感激は得られません。

星や惑星に興味のある方は是非下記からダウンロードしてご覧下さい。無料です。

マイクロソフト WorldWide Telescope

Google EarthがVer4.3に

Google Earth(グーグルアース)は仕事上よく使っています。撮影場所やその周辺の状況の確認をはじめ高度を設定して撮影高度からどのように見えるかの確認に使っています。

今回の変更はナビゲーション・サンライト機能・建物の3Dを写真風に描画・ストリートビューのようです。

ナビゲーションは今までのに慣れていたせいか使いにくくなってしまいました。斜め移動が出来るのは助かりますが、目的地をズームしていくと最後は自動的に斜めからの映像にされてしまうところが使いにくいですな。まあ慣れですかね。

サンライト機能は日の出や日没の状況が解るけれどあまり使わないかもしれません。

建物の3Dは今までのSketchUpも最初は面白かったけれど多くなってきたら、やたら重くなってきたのでこの写真風の方がいいかもしれません。

ストリートビューはまだ使っていないのでよく解りませんが、フライトシュミレーターや星や惑星が見れたりどんどんいろいろな機能が増えて楽しいけれど使いこなせなくなってきました。

それより早く日本全国の市のあるところだけでも航空写真を使って解像度を上げて欲しい物です。

Google Earthのダウンロードはこちらから

パノラマ合成作成ソフトのPTGuiが4月2日に7.8にバージョンアップをしていました。3月27日に7.7にバージョンアップしていたののバグの修正のようです。

7.7からはバージョンアップがあるとソフトの起動時にダイアログが出て自動で知らせてくれるようになりました。

当社のパノラマのページ

PTGuiのホームページ

パノラマ合成作成ソフトのPTGuiが2月22日に7.6にバージョンアップをしていました。

容量の大きな画像の処理を早くしたようです。あとは英語が苦手なのでダウンロードして使用してみます。パノラマソフトはいろいろ試してみましたが、私の知る限りでは日本語対応でないのは残念ですが、今のところこのソフトが最高です。

当社のパノラマのページ

PTGuiのホームページ