サイト内検索 help


バルーン空撮とは

 

簡易空撮は飛行機やヘリコプターを使用する空撮に対して、もっと低コストで撮影をする空撮のことです。

方法にはバルーンのほかにラジコンヘリやラジコン飛行機を使用するものやカイトを使用するものがあります。

ラジコンは動画を撮る時や人の入れない場所での撮影には、威力を発揮しますが、市街地の場合、何らかの電波に反応し、コントロールを失う危険性を持っています。また操作も簡単には出来ません。

カイトはガスや燃料を使用しないというコストの点では最良の方法ですが、適度の風を必要とし、取り扱いにはテクニックが必要とされます。

それに比べるとバルーンを使用した空撮は取り扱いも簡単で騒音も無く、最も安全な空撮方法です。

欠点はヘリウムガスが高価なこと、ボンベが重く取り扱いにくいことと、風の強いときには使用できないという気象に大きく影響される点です。

当社ではヘリウムガス使用のバルーンをエバール素材の軽いものに替えて、軽量化とガスの経費を抑え、デジタルカメラと小型CCDを搭載し、リアルタイムで液晶モニターで撮影画像を見ながらラジコンでカメラを操作し、対象とする建築物等を撮影します。

デジタルカメラを使うことで多くのコマを撮影出来、その場で画像を確認できるので、失敗がなく、確実にお客様の希望の画像を提供できます。

高度は数mから150mまで自由に変えて撮影が出来、カメラも自由に向きを変えられるので、希望のアングルで鮮明な写真を低コストで撮影できます。

撮影した画像は、データをCD-RやDVD-Rで納品するか、デジタルプリントで納品いたします。

 

(有)デジタルビジネス秋田 担当 澤木 徹
〒011-0936
秋田県秋田市将軍野南3丁目4-12
携帯 090-2270-2858
E-mail:sky@dba.co.jp