サイト内検索 help


バルーンの用途

 

このバルーンを普通の空撮以外に何か使えないかをいろいろ考えていますが、なかなか良いアイデアが出てきません。面白い問い合わせも来ますが、実際にやるのは難しそうなものばかりです。今可能性があるのは以下のものです。

1.空撮ビデオの撮影

これは飛行機やヘリコプターやラジコンヘリでは一般的だし簡単そうですが、実際にはバルーンの場合にはピタッと画像が止まっていることはなかなかありません。風の影響で常に動きます。また向きを変えたり、アングルを変えるサーボモーターもかなりスピードの遅いタイプに変えないと画像を見る方が目を回してしまいます。ただ撮ればいいというのであれば軽量な物もたくさん出ているので可能なのですが。

2.空間の測定

これはバルーンに各種の測定器を載せて測定すると言うことです。例えば地上100mの地点の気温の測定や騒音の測定などいろいろ考えられるかと思います。高さは比較的正確に出せますので測定器が1kg以下の物であれば簡単にできると思います。

3.建造物の概観検査

これはラジコンヘリなどで実際に行われていますが、例えば五重塔などの塔や大きな神社やお寺の建物の屋根など高いところの状態を見たい場合には危険を伴うラジコンヘリはむきません。バルーンはロープ3本使えば位置のコントロールも細かく出来るので安全に見たい場所の確認も可能です。大事な文化財などでは万が一でも傷つけたり破損が許されませんので、風の少ない日にこの方法を使えば可能です。

面白いアイデアをお持ちの方がいらしたら是非メールででもご連絡ください。

 

(有)デジタルビジネス秋田 担当 澤木 徹
〒011-0936
秋田県秋田市将軍野南3丁目4-12
携帯 090-2270-2858
E-mail:sky@dba.co.jp